2013年08月09日

平和を!

8月6日は、広島。
そして今日9日は、長崎に原爆が投下された日です。
今年で68年を迎えました。

一瞬にして多くの人の命を奪い、地獄の苦しみへと叩き落とした核兵器。  
そして 何十万という方々が 後遺症に悩まされつづけての生涯をおくられ、
今なお 新たな後遺症におそわれている現実を知るほどに核兵器の恐ろしさに
身が震える思いです。

私がはじめて原爆の恐ろしさを知ったのは、小学校4年生の夏休み、校庭で映画の
上映があるというので見に行った「千羽鶴」という映画でした。
2歳で被爆し、12歳で亡くなった佐々木禎子さんを画いた作品でした。

禎子さんは、広島平和記念公園にある原爆の子の像のモデルになった方です。

 

 

 

Children's_Peace_Monument_2008_02LT.JPG

 

 

この世の中で、なによりもなによりも尊いものは、ひとりひとりの生命だと思います。
このたいせつな命を守らなければとの思いをひろげ、若い人たちに継承してゆくことこそ、

今この地球に生きている私たちが心がけなければならない最も大切な使命だと思います。
国家の命令で 人と人が殺し会うという 殺人をしなければならない戦争 。
国家の命令で大量殺人がおこなわれる戦争。
どんな大義名分も許さない。
どんな大義名分も全て偽りであり悪である。
ましてや核兵器をつくる そして使うことは 絶対にあってはならない!!
平和であることの尊さを
平和を守りゆくことのたいせつさを伝えてゆかなければ。

原爆の日を迎え、ちょっと熱い思いを語ってしまいましたが、
犠牲になられた皆様に心より追悼の祈りを捧げたいと思います。

私もこの思いを胸に抱き続けて 歌に毎日の生活にと頑張って参りますね。      

 

リンダ

posted by Linda at 15:48 | Comment(1) | メッセージ
この記事へのコメント
メッセージ読んでるとコンサートで聴いた“脱走兵”が頭に浮かびました。
リンダさまの平和への思いスゴク伝わってきます!

Posted by 浪花のリンダ at 2013年08月14日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の英数字を半角で入力してください。
※コメントは管理者により確認されています。
 削除させていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。